10月例会委員会タイム

10月24日(月)、10月例会委員会タイムをいわみーる浜田にて開催いたしました。

本委員会タイムでは今回、まちづくりや地域振興の活動をベースに独自のマーケティング手法で数多のまちづくりや地域ブランディングを行ってきた”入川 ひでと”先生をお招きし、~考えよう、故郷のまちづくり~と題して講演会を設営しました。
当日は浜田市内のみならず、お隣の江津市、益田市からも多くの方がご参加され、浜田青年会議所としても久しぶりの体外の方を招いた委員会タイムとなりました。

 

 

理事長挨拶、委員長の趣旨説明の後、入川先生に講演を行っていただきました。

 

 

 

地方、都会関係なく、入川先生のこれまでのまちづくりについての考え方は一貫しており、自分たちが普段見ている価値に気づいていない「見えていて、見えていないものの価値」への着目や、新しいものをむやみに作るのではなく、古い物から新しいものを作り上げることが新たな価値を生み出すこと、また社会的課題の解決をすることで経済的価値が伴う中で、行政・企業・他団体の3つの異なる団体がそれぞれの分野、立場でお互いのためにできることを行うことが成功に繋がる「トライセクターセオリー」の考え方等、経験から裏打ちされたお話の数々に聴講者の方々も真剣な眼差しで聞いておられました。

 

 

 

セミナー終了後は会を代表して串﨑副理事長から謝辞を述べ、本会を閉会しました。

 

 

まちづくりを行うには1人の力や1つの団体ではなかなか行うことができません。団体を超えた協働意識の醸成を図ることを本委員会タイムの趣旨として行いましたが、当日は本当に多くの方に来ていただいたこと、また多くの方々からまちづくりの意識が向上したとの回答をいただきました。今後も団体としてまちづくりという様々な部分で動いていきたいと思います。

前の記事

10月公開例会のお知らせ

次の記事

10月例会